日曜日, 3月 9, 2014

非常識にもほどがある

ちょうど1年前の出来事です。コンビニに自動車を止めていたら、隣に駐車していたトラックがバックし始めたので動かず待っていたら、トラックが車体側面をこすり約50センチの傷がつきました。側面は衝撃でへこむありさまなのに、トラック運転手は自分ではないかのように去っていきました。気づいていなかったのか、そんなはずもないと思いながらすかさず警察に連絡をしました。ナンバーを覚えていたことと、トラックはある運輸会社の看板をしょっていたので、すぐ身元がわかりました。その相手先の連絡先を聞き、弁償してもらうよう問いかけ、承諾したものの、分割払いでいいか?そのときの振込み手数料は負担してくれだとか、非常識にもほどがあります。結局弁償金も一向に支払う姿勢がないため、弁護士をたてるはめになりました。弁護士を通じて弁償金が支払われたのはつい先日の話なのです。修理代金7万のうち5千円は商品券だったというこれもまた呆れてしまいました。もう二度とこのような非常識な人とは関わりたくありません。